商品やサービスに関する質問・ご相談は、電話、FAXでも受けつけております。お気軽に、下記番号より各支店までお問い合わせください。関西支店、電話番号072-987-0593、関東支店、電話番号04-7126-5201
HOME » 製品案内 » チェンカップリング

チェンカップリング

  チェンカップリング  
 
 

お客様のご都合でモーター軸、減速軸、別々の軸穴をお選びいただけます。また本体のみ、ケースのみ、チェーンのみのご用命も承ります。

チェンカップリングは2個のスプロケットと1本の2列ローラチェーンとで組み立てられています。動力伝達を行う軸継ぎ手として、スプロケットに軸穴加工、キー加工、セットスクリュー加工をそれぞれ施し2列のチェーンで連結する仕組みです、固定式軸継ぎ手と比べるとチェーンとスプロケットの噛み合わせにフレキシビリティがありますので数々のメリットを発揮します。

 

専用アルミダイカスト製ケースを使用することで、継ぎ手ローラチェーン部にグリースの充填も可能となり、ケーシングが安全性を高めます。

 
 

製品情報

チェンカップリングの特長と構造

特長

チェンカップリングは、2個のスプロケットと1本の2列ローラチェンとで組み立てられ、ピン1本で両軸の連結と分離ができる構造上非常に簡単なフレキシビリティの富んだ軸継手です。数々のメリットを発揮し幅広い分野で活用されています。

構造

チェンカップリングの構造の画像
1、容易な芯出し

両側の軸を継ぐ場合、軸心はできるだけ一直線になるように取り付けるべきですが、これには非常に手間がかかります。チェンカップリングは、この点チェンとスプロケットの嚙合せと下図のような遊びを最大限に利用して取り付けを容易にし、且つ機械を保護するように設計されています。

容易な芯出しの画像
2、優れた耐久力

スプロケットは優れた耐久力を得るために、歯先は表面焼入硬化を施しています。また、これに使用するローラチェンは、特にカップリング専用としてすべて焼入焼戻してあるため、長時間の使用に耐えられます。

3、小形で強力

ローラチェンは、全周にわたってスプロケットの歯と噛合いトルクは各歯に分担され、しかも、外周近くに力の作用点があるため、小型でも大きな伝動能力を発揮することができます。

4、取扱いが簡単

ローラチェンの両端を連結している一本の継手ピンを抜き差しすることによって、極めて簡単にチェンを着脱することができ、特別の工具を使用する必要はありません。

取扱いが簡単の画像
5、安全でコンパクト

カップリングと一体で使用されるケースは、Oリングを入れて油漏れやスリップを防止するHEIWAオリジナルデザインです。また他のカップリングのようなボルトの突起がなくコンパクトな外観をしているため安全です。

安全でコンパクトの画像
6、豊富な在庫

チェンカップリングはHC3012~HC8022のJIS該当品は常時在庫しております。

種類と呼び番号

ケースはカップリング本体とともに、一体となって回転します。アルミダイキャスト製ケースです。

HEIWAチェンカップリングはローマ字のHCと数字で表わし、数字はJISに基づいて上2ケタはチェン番号を、下2ケタはスプロケットの歯数を表しています。

適用番号HC3012S~HC8022S

種類と呼び番号画像

>> チェンカップリングのケースの構造と潤滑

 

寸法表(電子カタログ)

WEBカタログイメージ 左記WEBカタログ62~65ページに掲載されています。
※別画面で開きます
PDFでの閲覧をご希望の方は、下のPDFボタンからカタログをご利用ください。(製品別版)
PDFダウンロード

寸法表に載っていないサイズ、特注のサイズをご希望の方は、受注生産のご相談をお勧めしております。
詳しくはこちら